おじさんがなぜ泡盛マイスターを目指したのか? 第9回 暖流、くら、海乃邦

a0093

 

第9回の講師は波照間先生でした。第5回以来の2度目です。

 

今回は久しぶりにテイスティングを中心とした講義でした。暖流、くらという本講座では初めて琥珀色をした泡盛をテイスティングしました。

 

1.暖流

暖流は泡盛の一般的な貯蔵方法であるタンク貯蔵や甕貯蔵ではなく、オーク樽で貯蔵・熟成させて造られる神村酒造の代表的な泡盛です。

 

1)外観

薄く黄金色をしている。筋がねっとりと流れることから粘性は強い。としました。これまで無色透明の泡盛と違い、薄い黄金色が綺麗な泡盛です。ただし、色がつきすぎると泡盛として販売することができないとのことです。

 

2)香り

香りは中庸よりやや強く、まろやかな印象を受ける。第一アロマは炊いている途中の玄米のような香ばしい香りがする。第二アロマは熟したリンゴ、キャラメルの甘い香り、黒酢のようなまろやかな香りがする。時間の経過とともにメープルシロップ様の甘い香りがする。としました。香ばしく甘そうというイメージです。

 

3)味・風味

アタックは中庸で甘味、酸味を弱く感じ、最後に弱い苦味を感じる。アルコール感は弱く、後味に弱い苦味が短く残る。クルミのような香ばしい香りが鼻に抜ける。としました。香りが香ばしいので味も濃いのかなと思いましたが、優しい味で飲みやすい泡盛だと思います。

 

4)全体的な印象

黄金色をしていることから濃い味を連想するが、繊細な味と香ばしさが印象的である。女性、泡盛初心者にもオススメの健全な泡盛である。としました。飴の黄金糖をイメージしました。

 

5)適した飲用方法と理由

味が繊細で色も黄金色で綺麗なので泡盛通の方にはストレートで、泡盛初心者にはロックで飲んでいただきたい。としました。やはり暖流の特徴である綺麗な色を楽しめる飲み方が良いかなと考えました。

 

6)相応しい料理と理由

浅漬けなど、さっぱりしたものと合わせて繊細な味を感じたい。としました。サーモンステーキなどという意見も出ており、魚系の料理も合いそうと思いました。

 

2.くら

くらは樫樽で貯蔵・熟成させて造られるヘリオス酒造の代表的な泡盛です。モンドセレクション最高金賞を受賞するなど評価されています。

___3_25_1800_new
1)外観

薄く黄金色をしている。筋がゆっくりと落ちる様子から粘性は中庸。としました。こちらも先ほどの暖流と同じように綺麗な薄黄金色をしています。

 

2)香り

香りは弱く、繊細な印象を受ける。第一アロマは洗った後のお米のような爽やかな香りがする。第二アロマは若いパイナップル、スミレのような爽やかな香り、ヨーグルトのような甘酸っぱい香りがする。時間の経過とともにハチミツのような甘い香りが出てくる。としました。どちらかというとすっきりとした印象を受けました。

 

3)味・風味

アタックは弱い。甘味、酸味は弱く、最後に弱い苦味を感じる。アルコール感は弱く、甘味、酸味がさっと抜け、後味に弱い苦味が短く残る。グレープフルーツのような酸っぱさと苦さが合わさったような香りが鼻に抜ける。としました。こちらも繊細な優しい味ですが、先ほどの暖流と比較して、より爽やかなな印象を感じました。

 

4)全体的な印象

繊細でフルーティな香りと味が個性的な泡盛である。女性、泡盛初心者に勧められる健全な泡盛である。としました。

 

5)適した飲用方法と理由

繊細で優しい香りと味はボトルごと冷やしてストレートで飲みたい。また、泡盛を飲み慣れた方は常温のままストレートでもオススメである。としました。

 

6)相応しい料理と理由

シーフードサラダと合わせて洗練された香りと味を楽しみたい。としました。爽やかな印象の泡盛なので料理もサラダ系が良いかなと思いました。他の方からはスイーツ系、ペペロンチーノといった意見もありました。

 

 

3.海乃邦

海乃邦は沖縄県酒造協同組合から販売されている泡盛です。泡盛鑑評会沖縄県知事賞受賞など高く評価されています。

___43_720
1)外観

無色透明で澄み切っている。粘性は細い筋ができる様子から中庸である。としました。

 

2)香り

香りは中庸で、爽やかなフルーツの印象を受ける。第一アロマは炊き上がったお米のふくよかな香りがする。第二アロマは梨のような瑞々しさ、ハチミツ、バニラのような甘い香りがする。時間の経過とともにアーモンドのような香ばしい香りも出てくる。としました。こちらはフルーティで甘いような印象です。

 

3)味・風味

アタックは強く、まず強い酸味を感じ、次に弱い甘味、最後に中庸な苦味を感じる。アルコール感は強く、中庸な苦味が長く余韻として残る。濃い紅茶のような渋い香りが鼻に抜ける。としました。アルコール度数が43度と高いのでパンチが効いた感じです。

 

4)全体的な印象

強いアタックと酸味で爽やかさを感じた後、余韻として残る苦味が奥深さを感じさせる男性的な泡盛である。健全である。としました。

 

5)適した飲用方法と理由

アルコール感が強いので初心者には薄い水割りで、泡盛通にはロックで飲んでいただきたい。としました。

 

6)相応しい料理と理由

しっかりとした味わいの泡盛なので魚のバター焼きと合わせて飲んでいただきたい。としました。

 

4.総評

今回もなんとかテイステイングノートを20分以内で書くことができました。内容はともかく時間内に書くという目標はできつつあるように思います。ただ、今はテキストを見ながら書いているので、テキストを見ずに書けるようにしなければ。

 

今回テイスティングした各泡盛は以下に掲載しております。

暖流。神村酒造のページへ

くら。ヘリオス酒造のページへ

海乃邦。沖縄県酒造協同組合のページへ

 

おじさんがなぜ泡盛マイスターを目指したのか? 第8回 度数選定、宮の華

___30_720__

 

第8回の講師は安里先生でした。第3回以来の2度目です。

 

今日は度数選定から行いました。5つのサンプルのそれぞれの度数を20度、25度、30度、35度、43度のどれかを判定するというものです。度数が弱い順に判定したら良いので簡単かと思ってましたが、微妙な度数の違いの判定が難しかったです。

3回チャレンジして

1回目は当たり1つ – 外れ0、

2回目は当たり1つ – 外れ4つ、

3回目は当たり3つ – 外れ2つ

という結果でした。初めての度数選定でしたがまぁまぁの結果でしょうか。

度数選定の手順は、

1. まず香りで判定

2. 次に味見して確定

ということでしたが、香りでの判定が結構難しいのと鼻がすぐ効かなくなったので、2回目以降の香りでの判定は自分でも?という感じでした。5分で選定し終えないといけないので、素早く決断する必要があります。

テイスティングもそうですが、初めにどれだけ感じとることができるかが、マイスター試験合格の鍵になるのかなと思いました。

 

さて、度数選定の後はテイスティングです。今回のサンプルは1つ。宮古・伊良部島の宮の華です。宮の華は杜氏も含めスタッフは女性のみ、原料の米は泡盛でよく使われるタイ米ではなく国産米・熊本産ひのひかりを使用しているのが特徴です。

ちなみに伊良部島はカミさんの母親(義母)の生まれ島です。

 

1.宮の華

 

1)外観

無色透明で細い雫がゆっくり落ちる様子から粘性は中庸である。としました。これまで無色透明ばかりでしたが樽熟成などはブランデーのような色が付くので、毎回しっかりと確認します。

 

2)香り

香りは中庸で優しい印象を受ける。第一アロマは炊き終えたお米のような甘い香りがする。第二アロマはバニラの甘い香り、マンゴーのフルーティな香り、ココナッツミルクのような香ばしい香りがするとしました。なんとなくふんわり甘そうというイメージです。

 

3)味・風味

アタックは中庸で強い甘味が広がり、次に弱い酸味と苦味を感じる。アルコール感は中庸である。フルーティな甘味が余韻として残る。バニラのような甘い香りが鼻に抜ける。としました。

 

4)全体的な印象

バニラや甘いフルーツの香りがし、華やかである。味も柔らかく女性的な優しい味わいである。泡盛初心者にもお勧めの健全な泡盛である。としました。自分としては甘さがよく出てたと思ったのですが、他の方からは「すっきり」「酸味」を感じるなど、様々な感想が出ていました。

 

5)適した飲用方法と理由

水少なめの水割りで華やかな香りを楽しみたい。としました。

 

6)相応しい料理と理由

香り、味ともしっかり出ているのでフーチャンプルなど料理もしっかりとした味付けのものと合せたい。としました。フーチャンプルは居酒屋の定番メニューなので、どの泡盛でも合うと思うんだが、宮の華のような華やかな泡盛とだとより美味しいかも。

  

3.総評

今回、テイステイングノートは20分以内で書くことができました。先週は3つのうち1つしか全部書くことができなかったので、時間内に書くという目標をクリアできたので少し前進したと自己満足。

あと、度数選定は思ったより難しく、間違いも多かったので微妙な度数の違いもしっかりと捉えられるようにするのが課題でしょうか。

 

宮の華はこちらのページに掲載しております。

 

おじさんがなぜ泡盛マイスターを目指したのか? 第7回 時雨、咲元、瑞泉イエロー

249

 

第7回の講師は山川先生でした。講座の前にも色々と話をしてくれるエレガントな女性講師です。

講座が始まる前に質問に答えてくれるとても親切な先生です。

 

今日もサンプルは3つ。識名酒造の時雨、瑞泉酒造の瑞泉イエロー、咲元酒造の咲元でした。今回は各銘柄について20分でテイスティングノートに記述しなければならないので、時間との戦いになりました。

 

1.時雨

識名酒造は那覇市首里にある大正7年創業の歴史ある酒蔵です。主な銘柄は時雨、歓など。

 

1)外観

無色透明である。粘性は中庸。としました。

 

2)香り

香りは中庸よりやや強く、フルーティな印象である。第一アロマは洗いたてのお米のようなすっきりとした香りがする。第二アロマは梨の瑞々しさ、メープルシロップの甘い香り、調理する前のもやしのような香りがするとしました。

 

3)味・風味

アタックは弱く、はじめに柔らかな甘味が広がる。次に弱い酸味を感じ、最後に弱い苦味が短く残る。アルコール感は弱い。余韻は残さずすっきりとした印象を受ける。としました。

鼻に抜ける香りについては、マスカットのような甘い香りが鼻に抜ける。としました。鼻に抜ける香りも少しづつ感じるようになってきました。

 

4)全体的な印象

爽やかなフルーティな香りが優しく、味わいも穏やかで女性的な泡盛である。この泡盛は初心者にもお勧めの健全な泡盛である。としました。

 

5)適した飲用方法と理由

飲み易い泡盛なのでロックまたは濃い水割りで飲んでもらいたい。としました。

 

6)相応しい料理と理由

フルーティな泡盛なのでフルーツポンチなどで爽やかに味わいたい。としました。ただ、このような組み合わせって試したことないけど、本当に合うんだろうか。やはり試してみないとね。

 

2.瑞泉イエロー

瑞泉酒造の泡盛です。

no-06_02

 

1)外観

無色透明である。雫がゆっくり落ちる様子から粘性は中庸である。としました。

 

2)香り

香りは中庸よりやや弱く、爽やかな印象である。第一アロマは洗いたてのお米のような瑞々しい香りがする。第二アロマはキウイのような甘酸っぱい香り、ミントのような爽やかな香り、スイカの瑞々しい香りがする、としました。先ほどの時雨と比較してそんなに甘い香りを感じることはできませんでした。

 

3)味・風味

アタックは中庸である。中庸な甘味を始めに感じ、次に爽やかな酸味が広がる。最後に弱い苦味を短く感じられる。アルコール感は中庸で、弱い甘味と酸味が後味に残る。としました。ここで時間切れとなり、この後は記述することはできず。

 

3.咲元

600-30_sakimoto

1)外観

無色透明で雫が細く落ちることから粘性は中庸である。としました。

 

2)香り

香りは弱く、フルーティで爽やかな印象である。第一アロマは炊いている途中のお米の香りがする。第二アロマは熟したバナナの甘い香り、ココナッツのような香ばしい香り、ラベンダーのような花の香りがする。としました。こちらは甘い香りが印象的でした。

 

3)味・風味

アタックは中庸でまろやかな甘味が広がり、次の弱い酸味を感じる。最後に中庸な苦味が下に残る。アルコール感は程よく中庸である。余韻は中庸で甘味と苦味が残る。熟したメロンのような甘い香りが鼻に抜ける。としました。味もまろやかな甘味が印象的でした。とこここで時間切れ。2サンプル続けて最後まで書くことができませんでした。

 

3.総評

1つのサンプルについて20分で評価してノートにつけるということを行ったが、2つ目3つ目が時間切れで終わり、最後まで評価をつけることができなかった。正しく評価することはもちろんだが、試験ではまず書かなければならないので、時間内に書けるようにすることが、今の課題ということが改めて浮き彫りとなりました。迷ったらアウト。

識名酒造の泡盛はこちらのページでどうぞ。

瑞泉酒造所の泡盛はこちらのページでどうぞ。

咲元酒造の泡盛はこちらのページでどうぞ。

おじさんがなぜ泡盛マイスターを目指したのか? 第6回 残波ホワイト、ender 天然吟香酵母仕込み、多良川

354

 

第6回の講師は泊先生でした。細いところまで目配りするような優しそうなゼントルマンです。

まずテイスティングノートに記述する際の基本を復習しました。

1. 文章化する。

端的に書くのではなく、読んだ人に伝わるように文章にするとのこと。ノートを見返してみると、まず箇条書きでポイントを書き出しているが、これを文章化できないていなことが多いですね。

2. ノートのカッコ内のポイントは覚える。

講座で使っているティスティングノートには評価する際のポイントが()カッコの中に書かれており、それに沿って評価しているが、試験の時には()カッコ内の記述は無いとのこと。なので評価するポイントについて覚えておかなければならないとのこと。

3. 感じたことをとにかく書き出す。

これは何度も練習してやるしか無いですね。難しいけど。

これらについて講座を受け始めた当初と比較すると少しづつできているような気もするし、何も変わっていないような気もします。

 

さて、今日のサンプルは3つです。2つでも時間が足りないなという感じなのに3つなんて。これまで以上に集中して評価しなければ。

比嘉酒造所の残波ホワイト、瑞穂酒造のender 天然吟香酵母、多良川でした。今回もそれぞれの特徴を感じることができたように思います。

 

1.残波ホワイト(ザンシロ)

ザンシロは読谷村にある比嘉酒造場の主要な銘柄です。25度と泡盛の中でも飲みやすい度数で、この泡盛のおかげで泡盛を飲むようになった方もかなりいるのではないでしょうか。

 

1)外観

無色透明である。粘性は中庸。としました。

 

2)香り

香りは中庸である。花のさわやかな香りの印象がする。第一アロマは洗いたてのお米の甘い香りがする。第二アロマはバナナ、黄色いリンゴ、メロンのような甘さの中に酸っぱさがあるフルーティは香りがする

先生や他の人の評価を聞いてみると 「もうい」「パイン」「青リンゴ」「きゅうり」「熟していない青バナナ」など様々です。でも、なんとなくみんな感じているのは同じようなものなのかなぁと思います。

 

3)味・風味

アタックは中庸である。甘味、苦味が中庸で酸味が強い。アルコール感は中庸である。甘味・酸味・苦味とも後味が残らず、さっと抜けていく。クレソンのような若干の苦味が鼻に抜ける。としました。

鼻に抜ける香りは前回少しコツを掴んだので当初よりも”何か”を感じることができました。

 

4)全体的な印象

甘酸っぱいフルーツのような香りそのままにさわやかな飲み口である。泡盛初心者でも飲み易い健全な泡盛である。としました。

 

5)適した飲用方法と理由

飲み易い泡盛なのでロックで飲んでもらいたい。としました。ただ、フルーティな泡盛なのでソーダ割りにしてライムを乗せてさわやかさを強調しても美味しいかなとも思ったりしました。

 

6)相応しい料理と理由

イラブチャーなどの白身系の刺身など。さっぱりした泡盛なので食材の味を損なわずに味わえる。としました。泡盛がどっしりしているので料理はさわやか、ただし、食感はしっかり感じられるものが良いかなと思いました。

 

2.ender 天然吟香酵母仕込み

瑞穂酒造の泡盛です。泡盛で初めて天然吟香酵母を使用した商品で、日本酒の吟醸酒のような香りを楽しめるとのことです。

265
1)外観

無色透明である。雫が細く落ちることから粘性は中庸である。

 

2)香り

香りは弱い。爽やかなフルーツの印象である。第一アロマは洗いたてのお米のような爽やかな香りがする。第二アロマは熟する前のキウイのような甘酸っぱさからドライフルーツの甘い香り、さらに時間をおくとバニラのような香りがする。としました。先ほどの残波と似たような感じだが、よりフルーティで若々しいという印象。

 

3)味・風味

アタックは弱い。甘味・酸味が弱く、さっと抜けた後、弱い苦味は残る。アルコール感は弱く、短い余韻が残る。若いマンゴーのようなこれから甘くなることを期待させる香りが鼻を抜ける。としました。もう少し表現したいところだが、言葉が中々出てこない。でも、鼻を抜ける香りが少しづつ言葉になってきたのは成長してるということにしよう。

 

4)全体的な印象

とても優しく、軽快でフルーティな若い女性的な泡盛である。泡盛初心者、女性向けの健全な泡盛である。としました。

 

5)適した飲用方法と理由

とても飲みやすい泡盛なので泡盛通にはストレートで、飲み慣れていない方にもロック、水割りあるいはカクテルで飲んでいただきたい。としました。

 

6)相応しい料理と理由

フルーティな泡盛なのであっさりとしたパパイヤの和え物など。としました。そういえば、この間は久ぶりにパパイヤチャンプルーでした。

 

3.多良川

745
1)外観

無色透明である。雫が細く落ちることから粘性は中庸である。

 

2)香り

香りは中庸で、ふかした芋のような印象である。第一アロマは蒸しあがったお米のような香りがする。第二アロマは芋のような穀物香、ピーナッツ、黒砂糖のような濃い甘さの香りがする。としました。先の2品と違い、こちらはしっかりとした印象を受けました。

 

3)味・風味

アタックは中庸。甘味は強く、酸味は弱い。苦味は中庸である。アルコール感も中庸で芋のような甘さが余韻に残る。黒砂糖のような甘い香りが鼻を抜ける。としました。やはり味も芋の印象があり、甘さが強く出た泡盛という感じを受けました。

 

4)全体的な印象

穀物の印象を印象を強く残し、力強い男性的な印象である。しっかりとした味わいを好む方向けの健全な泡盛である。としました。

 

5)適した飲用方法と理由

時間切れでここまで書けませんでした。試験では時間内に評価を記述しなければならないので、書くスピードを早くすることも課題ですね。

-先生評-

ロックで骨太な味を味わう。水割りで爽快な喉越しを味わうのもオススメ。実際はもっと色々と表現してましたが、長いのでこの位で。

 

6)相応しい料理と理由

-先生評-

クーブイリチーやゴーヤーチャンプルー、島らっきょうの天ぷらなど。

3.総評

今回はサンプルが3つあり、とにかく時間が足りなかった。感じたことを明確に言語化し、人に明確に伝わる表現力をつける必要があることを痛感しました。残波や多良川と言ったこれまで良く飲んでいた泡盛も今回のテイスティングの経験を生かして、また違った視点から味わう楽しみが増えたのは良かったと思います。

残波の比嘉酒造場の泡盛はこちらのページに掲載しております。

enderの瑞穂酒造所の泡盛はこちらのページでどうぞ。

多良川の泡盛はこちらのページでどうぞ。

なお、いずれも今回のサンプル品は当ショップでは取り扱っておりません。