第63回 – 琉歌「ふみらりんしかん…」

ふみらりんしかん すしらりんしかん
うちゆなだやしく わたいぶしゃぬ

誉みらりん好かん 誹らりん好かん
浮世なだやしく 渡いぶしゃぬ

 

歌意/ほめられることも、そしられることも好きではない。この世はただおだやかに渡りたいものだ。

 

EPSON MFP image

 

K-025_Nyumon-710x1024

『ウチナーグチ入門』(沖縄文化社)

書籍の詳細はこちら

第62回 – 琉歌「ふまりすしらりや…」

ふまりすしらりや ゆぬなかぬならい
さたんねんむぬぬ ぬやくたちゅが

誉まり誹らりや 世の中ぬ習い
沙汰ん無ん者ぬ 何役立ちゅが

 

歌意/ほめられたり、そしられたりは世の常である。世間に評判も立たない者が何の役にたつことがあろうか。

 

EPSON MFP image

 

K-025_Nyumon-710x1024

『ウチナーグチ入門』(沖縄文化社)

書籍の詳細はこちら

第61回 – 琉歌「ふたみみやらびや…」

ふたみみやらびや だんじゅちむじゅらしゃ
うみやまぬながみ ゆすにまさてぃよ

二見美童や だんじゅ肝清らしゃ
海山ぬ眺み 他所に勝てぃよ

 

歌意/二見の乙女はとても心が美しい。同じように海山の眺めもよそにまさる美しさだ。

 

EPSON MFP image

 

K-025_Nyumon-710x1024

『ウチナーグチ入門』(沖縄文化社)

書籍の詳細はこちら

第60回 – 琉歌「とぅちわなるまちぬ…」

とぅちわなるまちぬ かわるくとぅねさみ 
 いちんはるくりば いるどぅまさる

常磐なる松ぬ 変わる事無さみ
 いちん春来りば 色とぅまさる

歌意/常緑樹の松は青々として変わることはない。それでも毎年春がめぐってくれば、ますます緑の色を増してくる。

 

EPSON MFP image

 

K-025_Nyumon-710x1024

『ウチナーグチ入門』(沖縄文化社)

書籍の詳細はこちら

第59回 – 琉歌「たるゆうらみとぅてぃ…」

たるゆうらみとぅてぃ なちゅがはまちどぅり
 あわんちりなさや わぬんとぅむに

誰ゆ恨みとぅてぃ 鳴ちゅが浜千鳥
 逢わんちりなさや 我身ん共に

歌意/誰を恨んで鳴いているのか浜千鳥、逢えないでいる辛さは私も同じなんだよ。

 

EPSON MFP image

 

K-025_Nyumon-710x1024

『ウチナーグチ入門』(沖縄文化社)

書籍の詳細はこちら