第58回 – 琉歌「じゃじちいたびしに…」

じゃじちいたびしに うちゃいふぃくなみや 
 じゃじちみやらびぬ みわれはぐち

謝敷板干瀬に 打ちゃい引く波や
 謝敷女童ぬ 目笑れ歯ぐち

歌意/謝敷の板干瀬に打ちよせる波は、謝敷の乙女のほほえむ真っ白な歯並びのようだ。

 

EPSON MFP image

 

K-025_Nyumon-710x1024

『ウチナーグチ入門』(沖縄文化社)

書籍の詳細はこちら

第57回 – 琉歌「きゆぬふくらしゃや…」

きゆぬふくらしゃや なうにじゃなたいてぃる
 つぃぶでぃうるはなぬ つぃゆちゃたぐとぅ

今日ぬ誇らしゃや 何にじゃな喩る
 蕾でぃうる花ぬ 露ちゃたぐとぅ

歌意/今日のよろこび何にたとえよう。まるで蕾が露を受けてぱっと開いたようである。

 

EPSON MFP image

 

K-025_Nyumon-710x1024

『ウチナーグチ入門』(沖縄文化社)

書籍の詳細はこちら

第56回 – 琉歌「うんなだきあがた…」

うんなだきあがた さとぅがんまりじま
 むいんうしぬきてぃ くがたなさな

恩納岳あがた 里が生まり島
 森ん押し除きてぃ くがたなさな

歌意/恩納岳の向こうが彼の生まれた村、山を押しのけてこちら側にひきよせたい。

 

EPSON MFP image

 

K-025_Nyumon-710x1024

『ウチナーグチ入門』(沖縄文化社)

書籍の詳細はこちら

第55回 – 琉歌「うらむ ふぃじゃばしや…」

うらむ ふぃじゃばしや なさきねんふぃとぅぬ
 わんわたさとぅうむてぃ かきてぃうちゃら

恨む比謝橋や 情き無ん人ぬ
 我ん渡さとぅ思てぃ 架きてぃうちゃら  

歌意/うらめしい比謝橋は、薄情な人が私を渡そうと思って架けておいたのでしょうか。

 

EPSON MFP image

 

K-025_Nyumon-710x1024

『ウチナーグチ入門』(沖縄文化社)

書籍の詳細はこちら